SSブログ

パルマハムのセミナー [料理・食べ物]

カイハウスによる、「パルマハムのセミナー」へ。

北イタリアのエミリア・ロマーニャ州パルマ地方で作られた生ハムのみが、
「パルマハム」と名乗ることができ、添加物・着色料なしのナチュラルな生ハム。
しかも、国内でスライスしてパック詰めされたものは、
「パルマハム」と名乗ることができない!

・・・と厳格な品質保護をしているとは、知りませんでした。

パルマハム協会一押し! 最高の、切りたて生ハムをいただいてきました。

パルマハム135925.jpg

講師は、北イタリア料理に造詣の深い、「ペレグリーノ」の高橋隼人シェフ。

パルマハム145254.jpg

限りなく薄くスライスし、できるだけ早めに食べるのが美味しく食べるコツ。
スライスの仕方や酸化している外側をどの程度削るのか、
レストランによっても差がで出てくるとか。

目の前で大きなブロックを三つにカット。
ロマーニャ地方産のふくよかな香りのワインと合わせて・・・。

パルマ140619.jpg

ほんのりチーズっぽい味がするのは、
イタリア豚にパルミジャーノ・レッジャーノチーズのホエイを
餌として食べさせているから。
スーパーのお手頃なものは塩気が強めですが、これはよい塩梅。美味しかった♪
イタリアで感動した味と同じだな~。

すね肉の「ガンベット」、内もも肉の「フィオッコ」、外もも肉の「クラッチャ」。
3つの部位を食べ比べ、私の好みは、うまみが一番に感じられたクラッチャ。
今度、レストランで知ったかぶりできるかな?(^-^;

エミリア・ロマーニャ地方の揚げ菓子・無発酵パンの作り方、
フルーツの合わせ方なども学んできたので、料理教室でも、取り入れてみようと思います♪



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。