SSブログ

Supanniga Eating Room~前編 (8) [2013年バンコク旅行記]

開店してまだ半年あまりの、「Supanniga Eating Room」。
トンローにあるこの店、とても評判がよかったので行ってみました。

間口からして小さな店に入ると、18時半で満席状態。
私達に勧められたのは、入り口ドアすぐ横の小さなテーブル。

予約してたのに、この席なの?

友人が弾丸英語でクレームをつけ、
ぶすっとふてくされた店員から、タイの微笑みのイケメンに応対が替わり、
結局、静かな2階に通されました。
「英語が速すぎて、あの女の子、何言われてるのかわかってなかったよ、きっと。」と言うワタシに、
彼女は、「こういう時は絶対に言わないと!」。

・・・そうだよなあ。
気を張ってた海外生活から日本に戻り、近頃の私、日本人的に丸くなりすぎかも。
ま、いいかもほどほどにしないとね。
16年の付き合いの、タイで相変わらずパワフルに活動する彼女に、
パワーをもらってきました(^O^)/。


この店の料理は、オーナーのおばあちゃんのレシピがもとになっているそうで、
ちょいとひねりが効いて、オシャレ。


     2013夏BKK_5804a.jpg

これは「マーホー」。
タイオレンジに甘辛い肉味噌がのったオードブルで、古い料理本にレシピが載ってました。
これを出す店は少ないと思うのですが、なんてオシャレ~なプレゼンテーション♪



     2013夏BKK_5805a.jpg

牛スネ肉のヤム(ヤムヌアライ)。 
スネ肉って煮込む肉だと思ってたけど、さっとあぶったようなこの肉は予想外に柔らか。
ちょっとこりっとした歯ごたえもあり、美味しかった♪

なるほど~、タイ人にもこの店が大人気だという理由がよくわかる。
まだまだ注文しましたが、
続きは、次回に♪






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。