SSブログ

寺と、アロイな「カオソイ」 ~② [2010年チェンマイ・バンコク旅行記]

タイ第2の都市チェンマイは、煉瓦壁に囲まれた旧市街を残す、700年以上の歴史をもつ古都。

1276_edited-1.jpg

「ワット・ジェイディールアン」 

ワットはタイ語で「寺」、ジェイディーは「仏塔」の意味。
創建時は、全体に黄金が貼られていたという、タイ一の威容さを誇る寺。
地震で崩れたのが残念だけど、象のかわいらしさ!といい見事な仏塔でした。
カンボジアのアンコールワットの寺群に似てる・・・。


       1281_edited-1.jpg

「ワット・パンタオ」

ランナー様式が美しい寺。
かつてミャンマーを含む広大な領土を持ったランナー王国として栄えたこの地の、
特色ある建築・装飾を「ランナー様式」と呼びます。


        1272_edited-1.jpg

「ワット・ジェッリン」
寺の奥に進むと、突然池が現れました。
割り竹を渡した橋の中ほどには、素敵なあずまや。
ここで夜風に吹かれるのは気持ち良いことでしょう。


         1296_edited-1.jpg

「ワット・プラサート」
飾りが美しい寺で、本堂は花のような良い匂いがふんわり漂っていました。

歴史好きの私は、何を見ても興味尽きないのですが、
他の家族は、何を見ても寺は同じに見えるとあって、自分のペースで鑑賞出来ないのが残念。
ブーイングが出る前にランチに向かったのが、ここ!

        1299_edited-1.jpg

チェンマイ名物「カオソイ」で有名な、『カオソイ ラムドゥアン』
「カオソイ」は、いわゆるカレーラーメン。
ターメリックのカレースープに中華麺が入り、さらにカリカリの揚げ麺がトッピング。
高菜漬けや煮た鶏肉などの具入りで、ぎゅっとライムを絞って赤玉ねぎ等と一緒にいただきます。


        1302_edited-1.jpg

評判通り、アロ~イ(美味しい)!チェンマイに行くなら、ここは外せません。

        1304_edited-1.jpg

ホーモックガイも頼みました。スパイスが香り良し。


        1308_edited-1.jpg

厨房・・・というか店の前で作っているところを、じっくり見せてもらいました。
(スープや具は仕込み済みで丼に盛るだけなんですけどね。)
ここは、最後のトッピング前にココナツミルクをかけるやり方。

日本でも、探せば食べることはできますが、
先日日本でカオソイを食べたシュートは
「これもいいけど、チェンマイのは最高にうまかたよね~。」
違いがわかるオトコになってきてます♪

料理教室でも以前ご紹介したことがありますが、この味を参考に再登場させたいと思います!

    


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

Tomo

カオソイ、チェンライで食べましたが、美味しくて病みつきになりました。日本では美味しいのを食べたことがないので、またタイで食べたい一品です。
by Tomo (2010-09-15 03:30) 

tenko

Tomoさん、コメントありがとうございます♪
ホントに現地で食べるのは最高ですよね。でもそうはタイに行けないので、
日本で美味しいのを探究すべく、見つけたらトライです!
(自分でも作ってみなくては^^;)

by tenko (2010-09-15 10:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。