SSブログ

昔から、バナナ頼み [タイ・ノスタルジィ90年代]

タイ生まれの息子は、バナナで育ったようなものである。

外出先の離乳食は、いつもバナナ。
スプーンで薄くすくい取り、「あ~ん」とお口に押し込むと喜んで食べてくれた。

なんたって暑い国、ヘタに手作り離乳食を持参して腐ったら・・・、
こーんなに便利な食べ物ってないわ!
という気持ちが私を支えていた。
(バッグにバナナ一本放り込み、あとはスプーン持参のみというお気軽な現実。)
でも、幼少のムスコは、長く恐ろしいほどの肥満顔であり、
同じ月齢の友人はすっきり顔であり・・・。
もしかして、バナナの糖分(・・・私の不精)のせい?
後ろめたい気持ちも、正直ございました~。

1歳で帰国し、11歳になったムスコは、今はすっきり顔の男の子。
(今でもバナナ好きです♪)

さて、私がタイでバナナの美味しさに目覚めたのは、
「クルアイ ホーム」というバナナに出会ってから。

タイ語で、「クルアイ」→バナナ、 「ホーム」→芳香
その名のとおり、口に広がる香りがすごく良いのだ。
日本で食べてたのは何?っていうくらい!
バナナなんてタイなら腐るほどあろうものなのに、
不思議と、当時市場で求めると売り切れのことがよくあった。
モンキーバナナはいつもあったのだが。

今でもバナナは、常に台所にぶら下がっている。
朝時間がない時、小腹がすいた時に、皆の手がのびる。
実に頼りがいのあるヤツだ。
         
        DSC00046z.jpg
    
ついでに、庭にバナナの木がある、というのが憧れ。

タイの一軒家に住む友人は、
「バナナの木って弱いから、この間の嵐で倒れて小屋の屋根をぶっ潰し散々だったよ。」
  
「欲しいときには、メイドに頼んで庭から採ってくるから買うことないわね。」

「勝手に脇から芽が出てくるのよね。」
  
ああ、身悶えするくらい羨ましい!
そんな話を聞くたびに、
バナナへの愛は膨らむばかりなのだ。



    



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。